宿屋きよみ荘 Tel.077-573-7111   琵琶湖大橋西詰 琵琶湖畔 真野浜水泳場内 人もペットも笑顔になれる宿 〒520-0241 滋賀県大津市今堅田3-25-13

ペット写真の作り方

ペット写真の作り方
お客様から「ペットの写真はどうやって作っているのか」という質問がきましたので
こちらの、ミニチュア・ダックスフントのモカくんで説明します!
使用しているソフトは「Adobe Illustrator CC」です!
「Adobe Illustrator CC」で既に作った宿屋きよみ荘のロゴとアドレスと日付の上に
モカくんの写真を良い位置に置いて、黄緑の枠で囲まれているところを抜き出しているのです。

「モカくんの体がながーーーーい!!」

と、感じている方がいるかもしれませんが
これはモカくんが来た時に撮った一枚の写真です。
何も加工をしていなく、モカくん自身の体です。
こうやって写真の真ん中に区切りを入れただけで錯覚が起きているだけです。

【錯覚(さっかく)】(goo国語辞書より)
1:《2から転じて》思い違い。勘違い。「―を起こす」「―に陥る」「愛されていると―する」
2:心理学で、刺激または対象の客観的事実を違ったものに知覚すること。→幻覚

【錯覚(さっかく)】(Wikipediaより)
感覚器に異常がないのにもかかわらず
実際とは異なる知覚を得てしまう現象のことである。
対象物に対して誤った感覚や認識を得るのが錯覚であり
存在しない対象物を存在すると見なしてしまう幻覚とは区別される。

錯覚という意味をちょっとのせておきます!
こういう目の錯覚というのは絵でもよく使われてて
美術館でだまし絵とかあるのですが、そういうのが好きで見に行くことがあります。
絵だけじゃなくて、映像でも錯覚を利用して作っていますし、脳って不思議ですよね。

脳はこのように騙されやすいので
見た目に騙されないように自分の目で確かめて生きていきましょう!

Pin It

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スマートフォン、携帯から気軽にお電話 Tel.077-573-7111